« 目の前のニンジン | トップページ | バラの季節に »

2010年5月25日 (火)

サルビアとキルトデザイン

雨が上がった朝

桜の木の下の、なんと気持のいいこと

そうだ、霧雨の中、谷中墓地の桜並木の下を歩いた時も、気持ちよかったなぁ・・・

 「これでいこう!」のキルトデザインを実際にキルティングしてみたら、つまらなさにガッカリした昨晩

そんなもんで、今朝はオッサンを送り出す前から、気分転換にサルビアの植え付け

P5251955

土をいじりながらも、頭の中はキルトラインでいっぱい

それは植物を見る目にも表れてP5251965_2 P5251967 P5251963 P5251956

ルピナスの花びらに入る外に向かうライン

サルビアデスコロールの、ガクの凹凸のラインと葉の白の輪郭

流れるような曲線のカラー

。。。

改めて昨晩のキルティングを観る

 ボーダーというのは、全体のデザインをギュッと凝縮して、作品のストーリーを締めくくる部分かもしれない

教室で組み立てたデザインはあくまでも閃きの状態であって、これから掘り下げなくてはいけなかったのだ

今回のキルトは、ラインを引いては試して刺してみるの繰り返し

 鳩さんは遂に謝り始めたけれど、私は妥協はやめよう!

|

« 目の前のニンジン | トップページ | バラの季節に »

作業部屋日記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目の前のニンジン | トップページ | バラの季節に »