« もうひと息 | トップページ | ベッティナ ランス写真展 »

2011年5月12日 (木)

写真展『ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー』

 

P5122102

   ホンマタカシの写真展『ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー』に行ってきました

あ、ワタシもこの場に立ったら、撮るな・・・と自然なかんじ、観ていて楽

それが、ドキュメンタリーというものなのか?

写真展というものは、芸術的な作品を観るという感覚でしかなかったので、あまり出向くことはなかったけれど、写真家にとって写真というのは、思考、思想の表現方法なんだということに初めて気がついた昨日

だから、写真には文章はあまり欲しくないのか!

そしてワタシの、『氣』を入れて撮った写真は説明したくないという気持ちに繋がるのか?

「あれ?オバちゃん、いつから写真家になったの?」と、また、何処からか茶化しの声が(笑

 この会場の空間を使った写真の見せ方

ホンマタカシ氏は手がけてて、楽しかっただろうなぁ・・・

そうそう、自分の作品って、空間あってのもの、流れる音とか、温度とか、空気の動きとか・・・それが総合されて作品!(やってみたいなぁ・・・作品無いけど)

 会場、最後の暗いスペースの中、映し出されている映像

マッチを擦って浮かび上がる男性の顔、その繰り返し

なんてこと無いじゃん!て思えばそれで終わりなのだけど、真っ暗な中、その場にいたらワタシも撮りたいと思ったなぁ

ましてや、被写体の人物は、ホンマタカシが敬愛する写真家の中井卓馬氏とのこと

これは、結構なお気に入りのスペースに違いない!

・・・ふ~む、なかなか、楽しめるものです、写真展って

と、会場を後にした雨の水曜日

この写真展

東京オペラシティ アートギャラリーで、6月26日(日)まで

 

 

|

« もうひと息 | トップページ | ベッティナ ランス写真展 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうひと息 | トップページ | ベッティナ ランス写真展 »