« ヒヤシンスと年度末 | トップページ | 予知連携プレイ »

2013年2月12日 (火)

平行線と対角線

汗びっしょりで目覚めた朝

外では、メダカの鉢が(今年になって5回目位か?)凍っていた>寒い朝だったのだわ

 さて、学ぶ場から、暫し離れるとパタッと止まってしまうワタシの頭の中

P2126693

作業の合間に、藤田ゼミの復習実践(Fにてアップ)

『ザ・ステイル』

ドースブルフ×モンドリアン の主張・・・

で、ふと、思い出したこと

もう、ず~~~と前に、教室の仲間から、面分割のラインで、アドバイスを乞われた時があった。
その図案の内容から、対角上に引かれるラインよりも、平行に伸びるラインの方が目が落ち着くので、そのようにアドバイスをしたのだけど、その後、先生のアドバイスは、ピースをわざわざ増やす必要は無いとのことで、対角上にするようアドバイスをされた。
 「あ~、そうなのか、やはり、ワタシはまだまだ未熟者なんだ」と、自負したのでした。

今思うと、それは、どちらが正しいという訳ではなく、はぎ合わせの回数を優先とするならば・・・、縫いラインの美しさを優先するならば・・・と、そういう選択な訳です
学ぶということは、いろんなことが解決して整っていくものなのだね>気付くの遅いけどsweat02

 昨日、テーブルの納品日が決まったsweat01

なので、4月から始めます

『楽しい手芸教室』

詳細は追ってHPにてアップします

・・・と、自分を追い詰めておこう。 

 

|

« ヒヤシンスと年度末 | トップページ | 予知連携プレイ »

作業部屋日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒヤシンスと年度末 | トップページ | 予知連携プレイ »