« 翻訳本 | トップページ | 球根 »

2014年1月20日 (月)

時の流れ

時間が解決することもある。時間が経つと社会、物事、状況に限らず自分も内から変わることがある。特に日本人はそのことを深く掘りさげた文化の中にいる。~五十嵐威暢より

P1190967

昨年(正確には一昨年)イラレでデザインした作品に着手した。

型紙を起こしながら、あまりいいデザインじゃないな

・・・と思った。

その当時は、とても気に入っていたはずなのだけど、杓子定規で面白みがあまり無いsweat02

この1年間の時間の流れは今までの自分の1年とはかなり違っていたようだ。

さて、そこで、考えた

この線の状態で完璧である必要は無いのだ。

これからの配色とキルティングで完成なのだからね

と、整理して考えられるようになっているのも時間というものか・・・

今日はその色決め入ります!

|

« 翻訳本 | トップページ | 球根 »

作業部屋日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 翻訳本 | トップページ | 球根 »