« 胃の扉を閉める誰かのパワーとは? | トップページ | 仕掛け人 »

2015年5月 9日 (土)

足を伸ばし伸ばし

 色を体感しに

Img_1083
終了間近の原美術館で開催中の蜷川実花 の写真展に行ってきました。
自然界の生物と人工的な色とが組み合わさって、毎度、心臓にグサッとくるものがあります。図録も赤の布張りの装丁で中はモノクロの世界。とても贅沢であります(購入までには至れませんでしたが)。
映像から始まり、こちらの美術館ならではの展示を巡って、普段のワタシの生活空間にはない色を味わってきました。
それにしてもこちらの美術館に行ったのは今回で4回目かな?
いつも、な〜んか妙な空気を感じるのだが・・・???(私にとって東の東京は妙に空気が濃いのです)
 昨日は陽気も良かったので、日本橋で開催中のキルト展に足を伸ばしました。
百貨店のスペースで開催されるキルト展 は、作品がギュウギュウ詰めで、折角の作家さんの力作もな〜んだか勿体ない気がします。
ワタシのツイッター広場で行き交う方々の作品を拝見しても、素敵な手仕事に惚れ惚れなので、なおさら残念に感じてしまいます。
百貨店側は、今回、動員数が多いらしく喜んでいらっしゃったとのこと。
久々にお会いできました!元気モンのTakeちゃんからそのようなことを聞くと、 まあ、それが役割のキルト展なのだから、しょうがないのか・・・・。
 先日読んだ赤瀬川氏の本に、「犬は風景を見ていないのではないだろうか」という文があった。「犬は物を見る。必要な物だけを見るので風景は目に入っていても見ていない」
こんなに省略してあげてしまうとかなりの誤解が生じそうですが、そうか、こういうキルト展では、犬の目で物を見れば良いのだと思った次第。
 化粧品の買い足しの買い物のはずが、足を伸ばしすぎて、歩きの得意でない靴だったせいか、今朝は足の裏痛いsweat02
 今日は針仕事に徹します。
外は湿気が多いようですが、雨になるのでしょうかね?
 
 
 
 

|

« 胃の扉を閉める誰かのパワーとは? | トップページ | 仕掛け人 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胃の扉を閉める誰かのパワーとは? | トップページ | 仕掛け人 »