«  カルトナージュの愉しみ方 | トップページ | モノトーンPLUS »

2015年7月 5日 (日)

アナログ人間とデジタル人間

 今、グラフィック界出身の師と仕事(FIRST OF INFINITY)を共にしている訳ですが

Img_2407
求める方向は同じでも、身体に浸透しているものの違いは大きいなぁ・・・
と作品のプロセスを一緒にしていて思います。
ワタシはそれにちゃちなツッコミをいれて、師を翻弄する役?
 さて、昨日は、ぼや〜んとしていた21_21開催中「動きのカガク展」のギャラリートークショーに参加してきました。
テレビでお馴染みのドミニク・チェン氏の進行で繰り広げられたデザイナー4名(鹿野護・菅野創・やんツー・岸遼)のトークはやはり息子世代のせいか身近な感覚で聴けて実に面白く、展示内容の奥深さや逆に安易な部分などデジタル人間の脳を垣間見れてあっという間の1時間半でした。
 ・・・で、今の時代に遅れ始めたオバちゃんは考えた。
そうか、今の感覚を理解すれば、世の中、この展示物のように今を愉しめるんだ!
という結論に達したのであります。
最近、息子たちとも疎遠になっているからなぁ・・・。あ、だからと言って遊びに来られても困るのだけどsweat01
・・・
 雨の日曜日
キルターズスタジオスタッフブログ2ヶ月ぶりにアップしました!
一つ一つ片付けていかなくちゃ!
やはり以前ボリちゃんが言ったように、仕事って片付けなんですね。
今日は刺繍関係着手です。

|

«  カルトナージュの愉しみ方 | トップページ | モノトーンPLUS »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  カルトナージュの愉しみ方 | トップページ | モノトーンPLUS »