« 10年の月日 | トップページ | スシとハル »

2021年3月12日 (金)

星空と母

久しぶりに焼きカレー

Img_5295

これだけは

ひとり昼ごはんに

ニンニクを刻んで

まめに作る。

 

昨日の黙祷の時間。

地下の作業部屋にひとり。

亡き父や母に無性に会いたくなって

涙が出た。

 

テレビでは各局の震災特集。

夜中に見た

「あの日」

「星が綺麗だった」

 

ワタシも

長野で地震に遭ったとき、

空を見上げた。

地上の出来事と不動の満天の星空のギャップ

虚しさの中で、

一瞬でも

あぁ綺麗・・・。

と思えたあの時は忘れない。

 

小さい頃

母が食事の片付けを済ませ

台所から庭に降りて

一緒に空を見上げたことがあった。

母は

「寒い日は星の輝きが違うんだよ」

と言った。

寒い晩だった。

まだ古い家の頃で

祖母との同居の日々の中で

もしかしたら

毎晩ああやって空を見上げて、

泣きたい日もあったかもしれない。

そんなことを思い出した昨日だった。

あ!

そういえば母は

姉の小学校の卒業式にPTAで歌った

「星影のワルツ」

の歌が好きだった!

 

繋がった!

 

|

« 10年の月日 | トップページ | スシとハル »

作業部屋日記」カテゴリの記事