カテゴリー「展覧会」の20件の記事

2024年2月17日 (土)

完璧!

地元の玉縄桜が咲きました。

Img_3728

春一番も吹いて、さあ!春だ!

と思いきや

冷え込んだ昨日。

 

川崎の講座後に向かった先は、

清澄白河。

Img_3740_20240217084201

風が冷たいけど、いい天気🎶

あ、こんな所に水門があるんだ!

Img_3739

川を渡って、2本目の角を曲がると、目的地の

WOLK

Img_3737_20240217085101

こちらで開催中の

アクセサリー作家 山本亜由美氏の個展

『Decorate』

を見てきました。

 

予てから、

植物と共演しているようなアクセサリーの展示に、

憧れていながらも会期を逃していましたので、今度こそ!

 

昨日、

ようやく、行き着きました❤️

Img_3733

山本亜由美氏ご本人にもお会いして、

そこに集まる人々にも触れることができて、

世界観というのは、

作品だけではなく、

その空間、そこに集う人

全てが含まれる、

こういうことなんだ!

とても居心地の良い時間を味わいました。

 

完璧!

 

 

こ〜んな世界を見ちゃったら

帰りの空の雲さえもいつもと違って見えてくる。

🎶

 

帰宅して気がついた。

・・・あ、

他のお店にも色々寄ろうと思っていたんだ!💧

ま、

川崎から清澄白河まで35分で行けることが分かったので、

それは次としよう!

 

 

 

さあ、今日は学びの日。

外は曇り空。

 

 

 

|

2024年2月 8日 (木)

グラフィックの世界へ

久々の

 

21_21

Img_3587

師との鑑賞は

視野が2倍に広がる。

これまで、一緒に観てきたデザイナーの中に居なかった

映像作家「葛飾出身」

Img_3630

最後に観た動画で

次々と移り変わる画面の文字が、絵が、面白かった。

 

 

デザインHUB

Img_3639_20240208092201

エレベーターから降り立つと

一気に雑味を削ぎ落とされるこのフロア。

「ゼミ展2024 デザインの学び方」を観た。

学生たちがどうデザインの必要性に向き合っているのか

観せてくれる設営は魅力的。

Img_3634_20240208094501

あ〜

こうやって真っ只中にいた息子たちの頃とは、

随分と時代も変わっているのでしょうけれど、

これからの社会を創る学生たちの

ひこばえを見たような気がしました。

 

今朝ものんびりスタートです。

鳥たちの食事も終わったようです。

(今日もりんごです)

 

 

 

|

2023年12月 7日 (木)

ミシンキルトに触れて

菅原先生主宰の作品展に行ってきました。

Img_2516

久しぶりに観るマシーンによる作品。

どの作品も素晴らしいミシンテクニック!

ここ数年での進化は素晴らしい!

これも日々研究探求されている菅原先生、

ご指導の賜物ですね。

 

力作で溢れている会場内で、

あ!この構図、モチーフ、好き!

近づいてキャプションを見ると、

キルターズスタジオにも在籍されている方でした。

納得!

デザインと技術が合わさって

これからの作品をもっと見ていきたいと思いました。

 

 

ギャラリーは

ビアホール ライオンの裏手。

ビール飲みたいなぁ・・・。

 

帰路は、東京駅に出ていつもの売店。

え!?マジですか?🎶

よくこの季節に登場する

ライオンの缶ビールが陳列されてた!!!

な、なんて、タイムリーな!👀❤️

Img_2518

G車内の小さなテーブルは、

銀座の一角になりました。

 

 

さあ、

身体がちょっとへたっていますが、

新柄生地が届いたので、

今日はそれを弄り倒そう!

 

|

2023年11月18日 (土)

キルト展に行ってきました。

斎藤遥子先生主催の

キルトパーティーキルト展を見に、

市川に行ってきました。

講座後乗り込んだ総武線快速G車。

間違えて乗ってしまったか?

ビクつくぐらいスペシャル感大!💦

こ〜んな座席に座れるのであったら

食べるモノ持ち込めばよかった。笑

 

駅から会場までの道は

朝からの雨も上がって、傘要らず〜🎶

昨年の記憶も役立って

テクテクと

Img_2196

スムーズに到着しました!

Img_2194_20231118084401

丁度1年前にも伺いましたので、

お庭の景色も見覚えがある。

今年は、柿の実りが多かったかな?

Img_2197

会場内は

手仕事の丁寧さを見せていただき

気持ちが整います。

作品って

一瞬で人を惹きつけるキルトと

人を立ち止まらせるキルト

があるもんだ!

改めて思いました。

 

水野めぐみ氏のキルト作品は

もうアイコン的な

ダルマちゃんがいっぱい👀💕

そこに

ボリューム感のあるステッチが加わって

リズムができて

しかも今回はミラーワークがこれでもか!

ってくらい施されていた。

ミラーワークは光の反射によって

離れて観ても煌びやかで目を引きます。

 

近寄ってみると

景色が小さな鏡に映り込んで

作品の一部になるのですね。

光で惹きつけるだけではなく

そこに立つ人を引き込む力もあることに、

水野氏の作品作りの深さをみることが出来ました。

今回もお会いすることが出来ませんでしたが

楽しませていただきました❤️

 

会場を後に

汗ばんだ体を覚ますように、少しのんびり歩くと、

Img_2200

行きは反対側を歩いていたので気がつかなかった

お蕎麦屋さんのエンジェルストランペットが

アーチになって素敵🎶

 

 

昨日は体力の無さに愕然。

帰宅後

入浴も途中で出てしまうぐらい疲れました。

 

 

さあ、今日は

丁寧な手仕事を見習って学びの日。

いい天気になりました。

 

 

|

2023年11月 2日 (木)

グラフィックで驚いた!知った!笑った!

師との待ち合わせ場所の定番になりました

ggg

銀座グラフィックギャラリー。

昨日、久しぶりのグラフィックに触れて、

 

驚いて魅入った作品。

ADCグランプリ作品

Img_1996

こ〜んな映像、どうやって作るんだろう?

すげっ!

・・・はぁ、やっぱり

中村勇吾氏でしたか!?

 

次に身近な土地で開催されていたことを知った

Img_1997_20231102084101

澁谷氏の作品。

やっぱり

な〜んだか、資生堂っぽいね。

 

 

そして、思わず笑った

「プロレース」笑

Img_1999

師から全く知らないグラフィックの世界に促されて

もう何年?

昨日は

あ、この作品は

〇〇さんのだ!

とか、作風が判るようになっている。

 

 

 

あ!しまった!

今日は久しぶりのZoom打ち合わせ!

今日も一日いい日でありますように〜🎶

 

 

|

2023年10月16日 (月)

秋に思うこと

昨日は

告知通りお風呂に入り寝た!

効率の悪い時間の使い方だった。

 

金木犀薫る季節となりました。

香から記憶を呼び覚ます時、

金木犀は出番が多そうだ。

 

先日観た

松原健 の作品展示をフと思い出した。

Img_1842

譜面台に設置された本。

左は古い写真

右はボヤ〜と映像が映し出されていた。

あ、頭の中の記憶ってこんなだ!

この表現って素敵!

しっかし、この映像はどうやって映し出されているのか?

天井を見上げたり、本の厚さを観たりしても

謎だ。

スタッフの方に、

本の中に内蔵されていると聞いても、

電源見えないし、

やっぱりワタシには謎だった。

ワタシの身体中「?」の詰まった様子に、

「こ〜んな作品もありますよ。」

と 被せてくる(笑)スタッフの方が見せてくださった作品は、

コップの水の中に映像が映し出されるものでした。

写真と映像をの組み合わせ

面白い!

 

リヒターは

写真が登場したことで

絵画の衰退の時代に

写真を絵画で表現した。っけ。

 

深く掘り進める者のおかげで、

こうして思考を広げられる時代に生きている実感。

 

 

 

ワタシも一つの物事を深く掘り進めたく思うこの頃です。

 

 

 

|

2023年10月14日 (土)

スパイラルに行ってきました。

黒山真央さんの個展に行ってきました。

Img_1834

会場はスパイラル。

黒山さんの代表作

「血脈の愛」

Img_1836

新作の

「囚」

いずれも

受け継がれてきた家族に着目した作品。

母方の家族、父方の家族

それぞれに現代の目で見た黒山さんの感性が

迫力のある作品を作り上げています。

 

衣類を解体し、繊維の状態に戻す。

または糸にして刺繍を施す。

まるで、時代を巻き戻しているようです。

 

 

 

スパイラルでは、もうひとつの展示がありました。

Img_1844

5人のアーティストの作品の中、

手塚愛子氏の作品に目が止まりました。

 

Img_1841

ジャガード織の糸を抜いている。

Img_1845

絵画の不可逆な構造を解明する方法として、

生成過程を巻き戻しできる織物や刺繍に着目し、

糸を解くことでその構造を表出させる。

 

ワタシたちは普段から、素材から形作る作業をしているので、

その過程は目にしているけれど、

こうして、完成物の一部を巻き戻すことによって

見え方も変わるものですね。

 

表現力は時間を行ったり来たりしながら

進化していくのでしょう。

 

このお二人の作品を見て思いました。

 

土曜日の朝。

昨晩は疲れて何もせず20時にはベッドに入ってしまったので、

届いていた郵便物を開けてびっくり!

2024

ホビーショーにキルトショーがドッキング!笑

実行委員会の華やかなメンバーに

これまた、

ホビーショーが変わりますね🎶

すっかり女性寄りになってしまったのが、

気になるところでもありますが・・・。

すっかりキルトから足が遠のいているので、

一緒になれば一石二鳥🎶

欲を言うと

以前あった、キルト&ステッチショーが入ったほうが

ホビーショー受けするのではないか?

 

 

ヒェ〜!

一度打ち込んだ投稿が消え去って、

打ち直しですっかり遅くなりました。。。

 

ラジオ体操でスタートしました。

 

|

2023年9月18日 (月)

デフォルメ度

すっかりパッチワーク脳から外れているこの頃ですが、

これだけは外れていないデザインの落とし所。

Img_6718-1

過去に開催された「デザインあ展」。

トイレマークのデザインの中で

デフォルメのどこら辺がパッチワークの世界で受け入れられるのか、

師と一緒に話した時がありました。

 

「モダンキルトスタイル」の本の評価コメントで

「記号のようなデザイン」と

めっちゃ拒否されたからね(笑

 

 

昨年の春、

キルト塾の生徒さんが

日本展に入選された作品、

「AIKIDO」

Img_1013_20230917192901

長年合気道に携わっているお父様の監修のもと、

頭の位置、重心の移動、とても慎重に丁寧に表現されたデザインです。

ワタシとしては

国内の評価が物足りませんでしたが、

今年、海外のキルトフェスにも入選、

多くの方から興味を持って頂いたことを、

実際に現地に行かれたご本人から伺って、

とても嬉しく思いました。

 

 

数年前からよく目にするようになった

街中の人のデザイン。

Tシャツでも、バッグでも、

ついにビーズ刺繍でも登場した。

20230917-195810

この流れの源はどこなんだろう?

ずっと気になっていました。

 

検索していくうちに

行き着いた

現代美術家 ジュリアン・オピー。

 

そうか、数年前から日本で展覧会が開催されていたんだ。

目にしていながら見逃していたかもしれない。

 

その作風の中でも、

このようなピクトグラムのようなデザインを目にすると、

 

20230917-195121

師のご指導するグラフィックの目を確信するのです。

 

が、

・・・結局、

一般に好まれるデザインの着地は、

ピクトグラムの何歩も手前なのでしょう。

 

 

因みにワタシは

ここ!かな?

Img_6717

今後、何かしら作品を作っていく上で、

あ、これがワタシ!の部分は変わらない。

 

 

さあ、今日は

自分を出してはいかん仕事、

片付けましょうかね💦

 

 

|

2023年8月25日 (金)

住み開き!?

初めて耳にした

「住み開き」という言葉。

Img_0968_20230825072401

昨日、朝の9時からスタートした予約4件の

最終着地点は、

オープンしたての

クリエイティブスタジオ

Casa de pano

 

テキスタイルに魅了された若いご夫妻の夢がいっぱい詰まった

コミュニケーションの場。

 

柿落としの展覧会は

イラストレーターであり、テキスタイルデザイナーの

紙野夏紀氏の

NATSUKI CAMINO TEXITILE And COLLAGE 

EXHIBITION  2023 

〜27日(日)

(展示の様子はInstagramに投稿しました)

 

ワタシの中では布博や紙博のイメージで、

その世界観を取り込むというよりは、

これからの時代を見届けるような気持ちが先に立つ。

それでも、現在、仕事をしている訳だから、

常に時代の空気は感じていなくては!

と心がけている。

 

頂いた名刺は

あ〜、なんて丁寧な作りなんだ👀💕

Img_0970_20230824210801

裏や断面、

細部にも拘ったモノづくり。

ワタシもこんなふうに

夢を持った時があったなぁ・・・。

 

現在のワタシはというと、

今日初めての打ち合わせがあるのに、

名刺が終わっても補充していない。

仕方が無いので、

むか〜し作った名刺を持参して、

まだ少し残っている夢を叶えるために、

行ってきまっす!

 

|

2023年8月19日 (土)

楽しい演出

昨日の講座。

ネエサンのガーランドにレイズドリーフステッチを施しました。

そこに、、、

アクセサリーを製作されていらっしゃる生徒さんが、

とてもお洒落な演出をしてくださいました🎶

Img_0854

撮影に!と次々と出してくださるネックレスは

まさに!ガーランドだあ🎶

それぞれにセッティングして撮影タイム🎶

Img_0852Img_0851

こ〜んなにも楽しい時間を作ってくださって

しかも、皆さんにプレゼントしてくださって!

ありがとうございました。

 

 

さて

講座後に向かった先は中目黒。

キルトダイアリー7号で紹介されていた

伊佐治栄里さんのキルト展へ。

Img_0877_20230819024401

駅前でランチしてから

Img_0860

テクテクと、、、、

ここを曲がればすぐ!

Img_0869_20230819022401

・・・だったのを、間違えたものだから、

汗だくになって到着という始末💦


ま、ワタシの中ではあるあるだけどね!💧

 

なんとなく、目に馴染むリーフレット。

Img_0871

内容はインスタにアップしましたが、

白と黒の分量、演出、全てワタシ好みの展でありました👀💕

 

ギャラリーの古書店も

ワタシ好みの本が並び、

汗をかいてなかったら

もっとゆっくり観たかった💧

もう少し涼しくなったら

ブラッと行ってみよう!

 

|